予防歯科

お口の健康はまず予防から

歯の健康を保つためには、歯磨きと定期検診を行うことが大切です。歯の痛みがひどくなってから歯科医院へ駆け込んだのでは遅いのです。虫歯が進行すると、大切な歯を失ってしまうことになりかねません。
定期検診で歯石をとったり、歯のクリーニングを行うことで、虫歯や歯周病の予防をすることができます。また、虫歯の早期発見にもつながり、簡単な治療ですむことも少なくありません。
当院は患者様のお口の健康のホームドクターでありたいと願っています。
3カ月ごとの定期検診でフォローしたり、口腔内カメラなどで見逃しやすい虫歯の早期発見に努めたり、歯のクリーニング、歯石・タバコのヤニを取り除いたりといった予防にも努めています

歯のクリーニング
専用のペーストを使って歯の表面を磨きます。これにより、歯周病菌や虫歯菌の細菌膜(バイオフィルム)を破壊し、最石灰化促進し、虫歯になりにくくします。クリーニング後は歯のツルピカ感を実感することができるでしょう。
バイオフィルムとは

歯面に付着している様々な細菌が、集団となって共同体を作っている状態のことをいいます。 時間の経過と共に強く付着し、ブラッシングだけでは取り除きにくくなります。その結果、虫歯や歯周病を引き起こす要因となります。
プロフェッショナルケアで行う歯面清掃により、強固なバイオフィルムも除去することができます。 
 

クリーニングメニュー

1.歯石取り 4.ミネラルパック
2.プロフェッショナルクリーニング 5.フッ素塗布
3.スーパージェットクリーニング  
 


1.歯石取り

歯周病の治療を目的として、歯と歯ぐきの間の歯石を取っていくものです。歯石が付着している歯ぐきは炎症をおこしており、そのままにしておくと重度の歯周病を引き起こす原因となります。

2.プロフェッショナルクリーニング
プロフェッショナルクリーニングとは、医院にて専用のペーストを使って歯の表面を磨くお手入れ方法です。これにより、歯周病菌や虫歯菌の細菌膜(バイオフィルム)を破壊し、再石灰化促進し、虫歯になりにくくします。
お口の中はすっきり爽快!これだけで新しい虫歯と歯周病の発生はかなり防ぐことができます。

3.スーパージェットクリーニング
日頃の歯磨きでは取りきれなかった頑固な歯の汚れ、プラーク、タバコのヤニなどを薬剤入りのスプレーで歯の表面に噴霧することにより、短時間で白くツルツルの歯に生まれ変わることができます。

 

▲治療前 →→ ▲治療後

 

4.ミネラルパック
歯のクリーニング後、角質を強くするミネラル成分が含まれているジェルを塗布します。これにより、虫歯になりにくい丈夫な歯を保つことができます。また、エナメル質形成不全、石灰化不全の方もカスタムトレーで毎日パックすることにより、白く健全な歯に再生されることが報告されています。

▲当院使用のミネラルパック。
 お好きなテイストを選んで。

5.フッ素塗布
エナメル質を強化し、虫歯になりにくくします。
 

3ヶ月ごとのメンテナンス

当院では患者様のお口を健康的に、長く快適に保つため、治療が終了した後も、3ヶ月毎の定期健診をおこないます。更に定期的なクリーニングは歯周病の予防や進行を抑制するうえで非常に効果が高いとされています。欧米では3ヶ月ごとのメンテナンスにより95%の確率で高齢になっても自分の歯を残すことができ美味しく食事がとれることが報告されています。また自分の歯で咬めることにより、ボケ防止にも繋がります。
 

 

コースメニュー

■クイック・ティース・クリーニング (1.2.5
専用のペーストを使って歯面のみの簡単なクリーニングをおこないます。歯の表面の汚れを取り、ツルピカにします。

■スタンダード・ティース・クリーニング (1.2.3.5
クイックティースクリーニングにスーパージェットクリーニングを取り入れることにより、歯の表面の頑固な汚れを落とし、ツルツルピカピカにします。仕上げにフッ素を歯面に塗布し虫歯の活動を抑えます。

■スペシャル・ティース・クリーニング (1.2.3.4.5
クイックティースクリーニング+スーパージェットクリーニングでツルピカになった歯の表面にミネラルパックを施し、歯質の強化もしていきます。
 

当院の虫歯予防治療 3DS (Dental Drug Delivery System)

ついこの前まで歯医者に行って治したばかりなのにまた虫歯になったとか、しっかり歯磨きしてるのに定期検診で虫歯が見つかったというケースをよく見かけます。

虫歯の主な原因菌であるミュータンス菌はバイオフィルムというねばねばの細菌膜を歯の上に作り薬剤が直接効かない環境を作ります。3DSはこのバイオフィルムを除去し歯のみに薬剤を作用させ除菌を行う予防方法です。3DSを行う前にカリエスリスクテストを行いミュータンス菌の数を調べる必要があります。
 

■カリエスリスクテストとは?

5分間ガムをかんでいただき、採取された唾液を検査会社に送り、菌を培養して正確なミュータンス菌、歯周病菌の数を調べます。検査の結果、ミュータンス菌の量が多い患者様には、治療と予防計画を説明します。

 ■治療の流れ

1. ブラッシング指導
お口の中を染め出し液にて赤く残っているところを磨くようブラッシングを徹底させます。

2. PMTC
PMTCとは(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で専門家による徹底したクリーニングの事です。PMTCの目的はバイオフィルムの破壊と除去です。特殊な器具を使って徹底的にこのバイオフィルムを破壊し虫歯や歯周病から歯を守っていくことが重要となってきます。


3. 3DS
PMTCにてバイオフィルムを破壊したあとに再度のバイオフィルムの形成を阻害するためにカスタムトレーを用いて薬剤で除菌することを3DSといいます。

4. 再検査 (2ヵ月後)
3DSの効果がきちんとでているかどうか再度カリエスリスクテストを行い改善がみられない場合再度PMTCおよび3DSを行っていきます。

5. メインテナンス
治療後も定期的(3ヶ月~6ヶ月)に行い、患者様の歯の健康を守っていきます。